モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> モンキーQ&A> Q37

■モンキーの12V、6Vの長所と短所を教えていただけますか。

 はじめまして。私はカブ乗りですが、やはり兄弟分も気になるわけで、楽しく拝見させていただいています。カブのページは外見の改造が多いのですが、やはりモンキーはエンジン主体でマニアックですね。感心するばかりです。

 さて私、いつかモンキーを購入したいと考えています。ヤフオクなどで見ると、モンキーは12Vと6Vとで一つの区切りがあるように思います。モンキー乗りには当たり前のことなのかもしれませんが、カブ乗りの私にはよくわかりません。違い、あるいは長所短所、教えていただけますか。

 12Vと6V車の違いですが、どっちが性能的にいいかというと、やはり新しい12V車の方が有利です。具体的な違いですが色々あります。簡単に書くと6V車は電装が安定していません。 パッテリーがダメになると電圧の調整ができなくなり、高回転までエンジンを回した時にバルブが飛ぶことがあります。

 それと現在販売されている電装系部品はほとんどが12V用なので、そのままでは取り付けできません。あと点火方式がポイント式点火になりますので、定期的に点火タイミングを調整する必要があります。

 12VからはCDI点火に変わりますので、整備性はかなりよくなります。 ポイント点火だと、どうしても高回転で点火時期が曖昧になるので、大排気量のボアアップキットを組み付ける場合は、CDI点火への変更を推奨されています。

 その他細かい違いについては、下記で書いていますのでよければ参考にしてください。

 年式によるエンジンの違いについて

 まあ、6V車もキッチリ整備すれば問題はありません。じっくり整備を楽しみたい方は古い方を好まれるかもしれません。12Vは手間を掛けたくない人向きですね。余談ですがクランクケースの強度は6V車の方がよかったりします。こだわる方は、あえて6V車のクランクケースを使っていることもあります。


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved


モンキーQ&Aアクセスランキング