モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> モンキーQ&A> Q2

■モンキー(ゴリラ)を50ccのままスピードとトルクを上げて速くするには?

 モンキー(ゴリラ)を50ccのままスピードとトルクを上げて速くたいのですが、どのような部分から改造すればできますか? 方法をおしえてください!

 50ccのままでは正直難しいですね。絶対的に排気量アップにかなう項目はありません。排気量を変えなくても本気であれば、ヘッドやキャブ、カムなどを交換することで馬力は上がりますが、どうしてもコストパフォーマンスが悪くなります。

 マフラー交換をしてもノーマルの排気量では大した変化は望めません。キャブレター交換であれば、マフラー交換よりは違いを体感できますが、ノーマルの場合16Φぐらいまでのサイズが限界だと思います。(16Φのキャブは純正流用になります)

 もし今後、排気量アップを考えるのであれば、非常に中途半端なサイズになると思います。中古部品で余っているのであれば可能ですが、セッティングの手間も考えるとあまりする意味はないと思います。

 つまり最終的にどうしたいかということが大切です。投資額に見合っただけの見返りと言うのであれば、排気量アップしかありません。

※補足です。最近ではペガシスというショップが、50ccパワーアップキットを販売しているようです。PC18とPC20の2種類キットが販売されているようですので、20φぐらいまでは、なんとかセッティングが取れるようです。

 パワーチェックの結果も載っていましたが、カムと合わせて交換することで、ノーマルの2倍近い馬力が出るようです。ただし、特性はかなり高回転型になります。7,000回転以上でトルクが痩せず1万回転まで回るだけなので、そこまでの加速はノーマルよりかえって遅くなるかもしれません。7,000〜10,000回転のパワーバンドを外さずに加速できる方なら速くなりますが、公道での実用性は疑問です。

 ちなみに、もし私がコストを無視して50cc最速エンジンを組むとすればどうするか、面白そうなのでちょっと考えてみました。エンジンは12Vベースとし、ヘッドは50ccのカブ系エンジンでポート径の大きいもの探してポートをフィン状に加工します。さらにヘッド面研磨して圧縮比を上げ、高回転型のカムを探します。バルブサージは恐いですが、強化スプリングを入れるとしても、出来る限り柔らかいスプリングを探します。

 ピストンもできるだけ圧縮が高くなる純正品を探し(当然バルブとの当たりは確認)、バルブタイミングの正確な調整と、ノーマルクランクの芯出しをします。クラッチもスペシャルクラッチあたりに交換して、フライホイールは軽量化しすぎるとトルクがなくなるので、ノーマルベースで軽量加工します。ミッションはトルクバンドを外さない為に、5速ミッションに交換。点火系はデジタルCDIで最適なポイントを探し、キャブはPC20を組み合わせます。マフラーは排圧調整ができるスーパートラップ系を装着します。

 この仕様でうまく12,000回転ぐらいまで回ってくれれば、7PSぐらい出ないかなぁと・・・。
まあ都合のいい妄想ですね。 (^^


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved


モンキーQ&Aアクセスランキング