モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 本日の反省> 2008年の活動記録> フロントフェンダーの塗装

■フロントフェンダーの塗装


 今まで、私のモンキーのフロントフェンダーは、無塗装のままだったのですが、前回ヘッドを
分解した際にフロントフロントフェンダーを取り外したので、ついでに塗装することにしました。

 昔はよく塗装していたのですが、ここ数年間まともな塗装はしておらず、本当に久しぶりの
塗装作業です。すっかり細かいコツを忘れてしまったのですが、所詮シロートの作品です。
「多少失敗しても、磨けばなんとかなるさ」いうことで、勢い任せの作業です。(^^

 

 (↑写真)まずは取り外したフェンダーを800番ぐらいの耐水ペーパーでしっかり磨きます。ここの
部分で手を抜くと後々の仕上がりに影響するので、徹底的に磨かないといけないのですが、実はこの
時点ですでに失敗しています。まぁそれについては、後で書くことにしましょう。

 よく磨いたフェンダーを洗剤でキレイに洗って乾燥させ、最後に脱脂します。塗装する為に野外に
移動したのですが、暑い!暑すぎです。あまりの暑さに夕方まで作業を待つことにしました。

 

 (↑写真)日が傾いてくる夕方待ってから作業スタート。塗装場所は近所の河川敷です。近くの
グランドから舞い上がるホコリと、川からの潮風という塗装環境としては最悪に近い場所です。
ハッキリ言って、こんな場所でキレイに仕上がるわけがありません。最初から諦めモードです。(^^;

 脱脂が終わったら、まずは裏面にサーフェイサーを噴き付けていきます。元々白地の素材なので
無理にサーフェイサーを噴かなくてもいいのかもしれませんが、余っていたので使い切るのも
目的です。(^^

 

 (↑写真)裏面にサーフェイサーを噴いたところです。どうせひっくり返せば見えなくなる部分なので
手抜きの作業です。(^^

 

 (↑写真)裏面が噴けたら乾燥を待ち、ひっくり返して表面を塗装します。こちらは重要なので
新品のサーフェイサーで慎重に塗装しています。

 

 (↑写真)そして再び裏面の塗装に戻ります。裏面の塗装に使ったこの赤い塗料は8年前の
使い残しです。さすがにノズルが詰まっていて、ものすごい荒い霧が飛びます。ですが裏面なので
気にしません。

 

 (↑写真)裏面が完成したら、表面の塗装です。表面は新品のスプレー缶を使っています。
さすが新品! まともな霧が出ます。上の写真は2回重ね塗りした後ですが、ここまでは意外と
順調です。日が暮れるまで、まだ少し時間があるので「最後にもう一噴き」と、塗装は垂れる寸前が
一番艶が出るので、多少厚めに噴いた次の瞬間、悲劇が訪れました。

 
  (↑写真)クリックすると拡大

 どうやら太陽が地平線に迫ると同時に、急激に湿度が上がってきたらしく、湿気を含んだ影響で
見る見る塗装面が白く曇っていきます。(泣

 この場合、ドライヤーで暖めてやると曇りが取れるそうですが、こんな場所にそんなものはありません。
仕方ないので、この日は諦めて後日やり直すことにしました。

 そんなわけで、一週間後、表面だけペーパーを掛けて塗装面を整えから、塗装をやり直したのですが
仕上げにクリアーを噴いた状態がこれです。(↓写真)

 

 う〜ん。太陽の写り込みが、全然ダメですね。表面を整えてから塗装しているのに、酷い仕上がりです。
まぁこの日は風が強かったので、どうしようもないです。この辺が野外塗装の難しさと、ラッカー塗料の限界
ですね。仕方ないので、後は気合いで磨きます。

 1500番のペーパーで水研ぎしてから、コンパウンドでひたすら磨いていきます。で、頑張って
磨いていたのですが、なかなか鏡面にならない・・・。最初に1200番ぐらいで磨いた方が良かったかも。
それでもひたすら磨く、磨く・・・。で、結果こうなりました。

 

 (↑写真)フェンダーの角の塗装が剥がれます・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

 理由は単純、最初の下地作りが悪かったことと、角部分へのクリアー噴きが足りなかったことが原因
です。角の処理は十分気を付けておかないといけないですが、すっかり忘れていました。(^^;
こうなったら仕方ありません。筆で塗ってごまかします。(爆

 

 (↑写真)色々細かい粗はありますが、とりあえず完成です。これだけ光れば、遠目にはバレない
ことでしょう。多少塗装に失敗しても、時間を掛けて磨けば光るということで、ご勘弁ください。

 
 (↑写真)クリックすると拡大

 それで、車体に取り付けた状態がコレです。う〜ん、フェンダーとタンクは同じ塗料で噴いたの
ですが、全く色の濃さが違います。(汗

 このタンクを仕上げたのは、10年近く前なのですが、どうやら塗料の劣化ですっかり色あせて
しまったようです。プリンターのインクでもそうなのですが、赤色の場合、特に褪色が早いみたい
ですね。 しかし、コレはどうしたものか・・・。

 あとリアフェンダーだけ白いのが妙に気になります。一般的に黒色にされている方が多いように
思いますが、私の場合、リア周りが全部黒になってしまうので微妙なところです。まぁ、これは
時間を掛けてじっくり考えるとことにします。

 どちらにしろ、もう少し涼しくなってからでないと野外での塗装は厳しいですね。
ではまた次回で。



Copyright By ZZQ. All Rights Reserved