モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 本日の反省> 2005年の活動記録> フロントキャリパーの分解 (その1)

■フロントキャリパーの分解(その1)


 私のモンキーはフロントブレーキにNSR50のフロントキャリパーを用しているのですが、どうも以前から
ブレーキタッチの悪さが気になっていました。これはディスクブレーキに変更した時からずっと感じて
いたのですが、握り込んでいくと突然ブレーキが利き始めます。フルブレーキの時にはいいのですが
最後の止まる寸前の微調整ができず非常に扱いにくい状態でした。

 元々中古のキャリパーだったので、調子が悪い可能性は十分あったのですが

「たぶん大丈夫だろう」という思いこみの末。

結局、今回分解することになるという2度手間となってしまいました。(涙

 まあ、やるからには徹底的に直します。まずはブレーキオイルを抜きます。

 

 最終的にはブレキーホースを外すので、こんな抜き方をしなくてもいいのですが、ブレキーキオイルが
塗装に付くと、塗装が剥がれてしまうので垂れるオイル量を少しでも減らしたいと思いこうしました。

 では、ガンガン分解していきます。

 

 この後、ブレキーホースを取り外したのですが、 ネジがかなり固く締まっていたので、結局もう一度
仮組してネジを緩めることになりました。(^^;  

 

 (↑写真)取り外したブレキーキャリパーです。こうしてみるとかなり塗装が剥がれていますね。
これは後で、タッチペイントで補修することにします。 

 

 (↑写真)ブレーキパットを取り外す為、パッドを固定している2本のネジを取り外します。 

 

 (↑写真)これでブレーキパッドが外れます。このままだとパッドの向きが分からなくなるので
マジックでL、Rの印を入れます。 

 

 (↑写真)ブレキーパッドを取り外した状態です。ブレーキピストンがかなり汚れていますね。では
ピストンを取り外しに掛かります。

 状態の良いキャリパーなら、間に布を挟んでピストンピンを外側に向けて遠心力が掛かるよう上下に
振れば取れるハズ。

 振れば・・。


 ふ、振れば・・・(ブンブン)


 はずれ・・・・ない(泣

 見事に固まってしまって外れません。

 本当は先にキャリパーを取り外さずにブレーキパッドだけ外して、油圧でピストンを押し出せば
よかったのですが、順番を間違えました。(;;

 この場合エアを送り込んだり、専用工具で取り外すのですが、あいにく今の私にはそんなものありません。
(昔はあったんですけどね)

 やっぱりこういうときにエアコンプレッサーがあると強いです。こんな時はやっぱり作業用の倉庫が
欲しいです。

 で、どうしたかというとこんなものを使って取り外しました。(↓写真)

 

 これ何だか分かりますでしょうか?
 余っていたガソリンホースです。この先は空気入れにつながっています。

 これを使ってゆっくりと空気を送っていきます。2キロぐらい圧力を掛けたところで
気持ちよく飛んでくれました・・・。

 いやぁ〜普通、ピストンを飛ばないよう押さえておくものなのですが、空気を送るのに夢中で忘れて
いました。(^^;

 危険なので皆さんは注意して下さい。

 やっとの思いで取り外したピストンですが、よく見ると凄いことに・・・。

 

 Σ( ̄□ ̄;)!!

 なんか外側にキズがあるんですけど・・・。

 これ分かりますでしょうか?外と内側にかなり深いキズが入っています。想像するに以前の持ち主が
ピストンが外れなかったので、ペンチで挟んで外そうとしたが、それでも外れなかったので、店に
頼んだってところでしょうか?

 内側には専用工具で抜いた後がありました。どうりでブレーキタッチが悪いはずです。使い古した
パットなら関係ないかもしれませんが、新品パットだと確実にオイルシールに触れる位置にキズがあります。

 う〜ん、以前のオーナーはオイルシールを交換したかったのかもしれませんが、元の状態より
悪くなる整備は止めて欲しいです。

 そして大きな問題が一つ

 「あの〜私、交換分のピストン用意していないんですけど・・・」

 そう、今回ピストンは磨いて使い回す予定だったので、交換分のオイルシールしか用意していません。

 つまり、交換分ピストンの入荷待ちということですね。 こうして私の作業は来週に持ち越しと
なるのでした。(涙


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved