モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 本日の反省> 2005年の活動記録> 集合スイッチの流用加工

■集合スイッチの流用加工


 モンキーの集合スイッチって使いにくいですよね。昔、400ccのバイクに乗っていて、
プッシュキャンセル式の便利さに慣れてしまったヘタレな私は、よくウィンカーを
出しっぱなしにしてしまいます。

 もちろん「そんなことは慣れの問題だ!」って言われる方もいるでしょう。ウィンカー警告灯など、 少しは小細工もしてあるのですが、いくら使い込んでもやっぱり使いにくい
(根性なしです。ハイ・・・)

 そこで以前から考えていた、集合スイッチのプッシュキャンセル式への交換を行いました。時間の短縮を考えれば、最初からキタコや武川のキット品を買った方が早いのですが、
今回はあえて、純正流用でいきます。

その理由ですが、「彼等にだまされている気がするから」

 いやね、サギでしょう。あの価格は、たかがスイッチですよ、どうしてそんな高い値段で
買わされないといけないのでしょうか。純正部品の使い回しで、配線だけ交換しているような
気がしてしかたありません。

 そんなわけで、今回はNSR50の集合スイッチを流用することにします。

 
 NSR50用集合スイッチ 部品番号(35200−GT4−690) 売価5145円 (税込)

 なぜNSR50用かというと、他の人がこれを使っていたのを見たからです。買って合わないと嫌なので、
無難な選択をしました。(スイマセン)

 この集合スイッチを取り付けるには、下から挟み込んで止める2本のネジが必要なのですが、
純正と長さが違うので別途用意する必要があります。私は余っていたネジで代用しています。

 武川との違いはヘッドライトのオン、オフスイッチが付いていないことです。まあ実用では問題が
無いと思います。ちなみに、 もともと常時点灯式のモデルのライトを消せるようにすると違法になります。

 それと、純正の集合スイッチがミラーフォルダーと一体になっているのでこの部分も交換になります。
で、私が選んだのがこれです。(↓写真)

 
 キタコ ミラーフォルダー付きクラッチレバー (525−0700300) 売価2310円(税込)

 あれだけ否定していたのに、ここはキタコです。(^^;
純正流用だと、ケーブルが合わない可能性があったので・・・。
そして、この選択が後で後悔することになります。

 作業手順ですが、今の集合スイッチのカプラーが必要なので、まず取り外します。

 
 取り外す前の状態

 外すの自体は簡単だったのですが、ここで大きな問題が・・・。

 暑い!(怒)

 なんでしょうこの暑さは・・・。この日の温度は、今年最高気温の34度でした。炎天下で作業していたら
1時間で倒れそうです。普段の事務ワークでなまった体には堪えます。 (;;

 命に関わりそうだったので、速攻で外して部屋へ逃げ込みました。(^^

 そして、NSR50の集合スイッチに配線を移植していきます。接続方法ですが、年式によっても違うので
ここでは説明はしません。基本は、同じ色同士を接続することになります。事前にテスターで確認してから
接続したのですが そのまま接続すると色が余ります

 ここでサービスマニュアルの出番です。配線図で調べてみると、何本かは同じ色から分岐されている
ようです。であれば、同じ色にしてもいいと思うのですが・・・。(謎です)

 で、下のような感じになりました。↓

 

 赤い部分が、今回移植したところです。カプラーでつなげば後の修正が簡単なのですが、一本一本
ハンダで接続してから熱収縮チューブで保護し、さらにその上から赤い熱収縮チューブを被せてあります。
何故かホーン用の配線だけが短かったので延長しています。

 見た目はこの方がすっきりして綺麗なのですが、まさに一発勝負の代物です。もし配線が
間違っていたらマジ泣けます。

 あと、キタコのクラッチレバーに付いているミラーホルダーの穴が10mmになるので、今までのミラーが
そのままでは使えなくなります。 別のミラーが余っていたので、今回はアームの部分だけ移植しました。

 
 上が今まで付いていたミラー(ネジ8mm)、下が今回移植するアーム(ネジ10mm)

 では、さっそく取付に入ります。心配していた配線は、一発で成功!(^^
しかし喜んだのもつかの間、ここで新たな問題が・・・。

 クラッチワイヤーが合わねぇ〜(;;

 クラッチワイヤーが付かないのです。取付の形状が違うことは分かっていたのですが、問題はその
インナーワイヤーの長さです。純正よりかなり長いインナーワイヤーが必要になります。

こんな感じでかなり長さが違います。

 

 後で聞いた話では、調整用のアジャスターを取り外して使う方法もあるらしいのですが
せっかく付いていた物を外すのも、もったいない話です。 結局キタコの赤いクラッチワイヤーを
買うハメになりました。

 これでようやく組み付けが完了しました。途中でワイヤーを買いに走ったりした為、一日では完成
しませんでした。作業の手間としてはかなり面倒です。時間が惜しい方は素直に社外品を買いましょう。
この時点で1週間経っています。

こんな感じになりました。

 

 やっぱりスイッチは、プッシュキャンセルがいいですねぇ〜楽チンです。
こうしてまた一つ堕落していくわけです。(^^

 ではまた


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved