モンキーファイルズのTOP画面へ
  バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

TOP> 本日の反省

本日の反省

※注意!
 ここでは、私が思い付くままに実践したモンキーの改造や整備作業について掲載しています。
私のモンキーは、基本的に乗っている時間より分解している時間の方が長く、雨天時の走行など
日常の実用性については、ほとんど考慮していません。

 バイクやエンジンの仕組みについて、もっと知りたいという思いで、趣味と勉強を兼ねて
改造しています。あまり人にはおすすめできないことばかり載せているので当ページの内容を
参考にされる方は 、あくまで自己責任でお願いします。

■2013年08月07日の反省

ASウオタニ SPIIハイパワーコイルの取付


過去の反省記録

2013年03月23日 ウインカー警告灯の取付
2012年09月22日 武川 8インチアルミホイールの装着
2012年08月11日 JUN ジェット・ファンネル(PE22用)の装着
2012年06月30日 キャブ交換(JUN PE22+RAYバルブ)
2012年05月05日 スタビライザーの取付他、各種小変更
2012年03月10日 デイトナ アルミリヤクッションへの交換
2011年12月18日 JUN ビックバルブヘッド(96cc)への仕様変更
2011年11月05日 バッテリー復活実験(エコピュア12を試す)
2011年08月13日 デイトナ インナーフォークキットの取付
2011年05月24日 軽量フライホイールへの交換
2010年11月27日 ノーマルヘッドのポート加工について
2010年09月11日 足回りの見直しについて
2010年08月07日 前後のタイヤ交換(BATTLAX BT-390)
2010年06月13日 モンキーの盗難対策について
2009年03月01日 二代目モンキーの製作(その後)
2009年10月24日 二代目モンキーの製作
2009年08月22日 AF計(空燃比計)の導入について
2009年04月25日 インナーバッフルの加工

■バックナンバー

 2008年の活動記録
 2007年の活動記録
 2006年の活動記録
 2005年の活動記録
 過去の活動記録はこちら(旧HPより)


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved

DAYTONA デイトナ/アルミリヤクッション
DAYTONA デイトナ/アルミリヤクッション MONKEY

 私が実際に使用しているショックですが、乗り心地は、なかなかのものです。値段が高いのと、色の選択が少ないのが欠点ですが、よくできた製品だと思います。

DAYTONA デイトナ/インナーフォークキット
DAYTONA デイトナ/インナーフォークキット MONKEY

 社外品を知っていると、ノーマルのフロントフォークは、お世辞にも乗り味が良いとは言えません。ノーマルのルックスを重視するなら、コレでしょうか。いずれディスクブレーキにすることを考えると、マルチタイプがいいですね。

G-Craft Gクラフト/アジャストスタンド 調整幅 170mm-270mm
G-Craft Gクラフト/アジャストスタンド 調整幅 170mm-270mm MONKEY

 8インチで4cmロングのスイングアームと組み合わせた場合、ノーマルのサイドスタンドでは微妙に長さが足りません。丁度長さの合う商品が無いので、今度交換するならこれを考えています。値段は高いですが、サイドスタンドの長さ調整って重要です。

デイトナ:DAYTONA/フロントスタンド
デイトナ:DAYTONA/フロントスタンド MONKEY

 たまにしか使わないのですが、色々分解整備していると、欲しくなるときがあります。でも年に数回しか使わない気がするので、置き場所をどうするかが問題です。