モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> コレ作ってみました> ノーマルエアクリーナー改(全天候型・・・?)

■ノーマルエアクリーナー改(全天候型・・・?)

投稿者 さめ吉さん

製作費用
デイトナパワーフィルター 980円
26パイ電気部品(ソケット) 200円
発想とこだわりの
ポイント

 全天候型でも雨には厳しく、何か無いかな〜と考えてましたがなかなか良いのも無く、お金も無いので以前他のHPでノーマルエアクリーナーの改造が載ってましたので、自分なりに作ってにました。

 ノーマル形状がやはり最強です!が・・・もう少し吸気効率がよければなぁ〜・・・!!ええい!!と吸気のパイプを大きくしました。またノーマルは微妙に勾配が付いてまして、同じように勾配をつけました。

苦労した点

 まぁ特には無いのですが、35パイのホルソーで穴を開ける際に元々のパイプの下合わせで空けますが、ホルソーが振れて暴れるので注意が必要ですね。低回転でゆっくり開ければ大丈夫です。僕は京浜PC20を使ってますが、ノーマルの方がゴムラバーが大きくてノーマルのバンドではしっかり止まらず違うものに変えました。

使用後の感想

 まだ豪雨の中は走ってませんが、いい感じですよ!
多分・・・・吸気音も其れなりにいい音してます。後はやはり安上がりです。

 PC20で口元がゆるいので、22か24パイ位までなら何とか付くと思いますが、26・28パイではサイズ的に付かないとおもいます。

【製作記録】

 今回使用した部品です。デイトナのパワーフィルターと電気材料の26パイの挟み込みのソケット
 ノーマルエアクリーナーを外して中を見て見ました。
 

 パーツ的にはこんな感じです。真ん中の鉄で出来てるプレートが「ミソ」ですね!

 入って来たエアーを一度ぶつかる様になってます。そして、水抜きと思われる穴がカバーの下の部分にあいてました。

 ノーマルの吸い込み角度です。微妙に下を向いてます。
 

写真が無いですが・・・。出来上がりのカバー部分です。

 角度をノーマルと同じように下を向けました。新しく付けた吸い込み口はメスねじになってますので、角度を付ける為に口元を少し斜めに切りました。

 35パイで下合わせで加工したカバーの内側です。しっかり納まる様に補強の為に付いてるツバを削り、吸い込み口以外から吸わない様に、周りをコーキングで埋めました。
 

 パワーフィルターを付け、組み立ててキャブに取り付けました。本当はエンジンを止めてる上側のボルトの所(ノーマルの付いていた位置)に持って行きたかったのですが・・・。

 スペースが無く、キャブも真後ろに向かず・・・。こんな感じで仕上がりました。


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved