モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> メンテナンス> リアブレーキランプの交換

■リアブレーキランプの交換


作業時間

必要部品代
5分〜
250円ぐらい

交換時期

必要工具

 使用頻度による

 ・ドライバー

 モンキー(ゴリラ)のリアブレーキランプの交換作業です。リアブレーキランプは、エンジンを
掛けている間、常時点灯しするようになっていて、ブレーキを掛けるとさらに明るく光るように
2段構造のランプが使われています。 

 電球の交換作業は簡単ですが、普段あまり気にするような部分ではないので、夜中に走る機会が少ない方だと、なかなか切れていても気付かないかと思います。

 かく言う私もその一人で、1〜2ヶ月間リアブレーキランプが切れていることに気付きませんでした。(^^;

 もちろん整備不良ですし、ただでさえ小さなモンキーの車体だと、後続車両に追突される恐れもあって危険です。

 とくに改造車の場合、なにかと振動や衝撃が強く掛かる部分なので、定期的な点検をお奨めします。

画 像

解 説

 まず黄色い○を付けた部分の2本のネジを取り外してから、赤いカバーを外します。(カバーは引っ張るだけで簡単に外れます)

 カバーを外すと真ん中に電球が見えます。電球はソケットに固定されているので、写真ように電球を奧に押し込みながら、左に回転させて取り外します。

 電球を取り外したら、交換分の新しい電球を用意します。12Vモンキーの場合、12V 10/5Wの規格の電球を使います。

 電球には取り付け向きがあって、赤い○が付いた部分に小さな出っ張りが付いています。上下を逆にすると取り付けできませんので注意してください。

 新しい電球を取り付け、分解したときと逆の手順で元通り組み立てます。

 最後にエンジンを始動させて、きちんと電球が点くかどうか確認し、さらにブレーキを掛けた時に点灯しているかどうか確認します。

 問題がなければ、これで作業完了です。お疲れ様でした。

作業上の注意
 カバーを外して電球を交換するだけですので、とくに難しい部分はありません。簡単な作業ですので、ぜひ自分で挑戦してみてください。

Copyright By ZZQ. All Rights Reserved