モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 失敗の小部屋> ロシさんの投稿

■ 揺れるリアタイヤ

投稿者 ロシさん (2008/08/02)

 モンキー弄りにもやっと馴れてきて、念願の10インチアルミホイールに替えて
2ヶ月くらい走ったころの事です。

 その日も通勤のため国道を60kmくらいで走っていました。
その時期の国道は工事が多く、私の通勤ルートも工事中で道はデコボコの放置状態でした。
当然タイヤを溝にとられ危険なので、その区間だけは30kmくらいに速度を落としてました。

 デコボコ道を走っているを不意にリアを滑らした感じになりましたが
デコボコの溝にで滑ったのだろう」と、あまり気にせず走り続けていると・・・。

 突然リアが左右に大きく揺れ始めました。

 さすがに「うぁ・・・これはヤバイ」と思い路肩に停止しようと試みますがリアが
グニャグニャと揺れて進行方向も定まらぬ状態・・・。
なんとか両足を使って地面を蹴るようにブレーキをかけながら状態を路肩に持って行き
Fブレーキをかけて止まりました。

 停車後にリアを確認したところ、タイヤがチェーン側に斜めに立てかかっている状態でした。
まずその状態がしばらく理解できませんでしたが、良く観察するとホイールがハブから外れていて
リアタイヤが宙に浮いた状態で走行していたようです・・・。
おかげでハブとホイールの内側が削れ、スイングアームはチェーンで削れていました・・・。

「原因は、ハブとホイールを止めるボルトの締めが甘かったから」
駆け込んだバイク屋さんに言われました。
バイク屋さんで新品のボルトに交換してもらい無事に出勤できました。

 もしあの道が工事中でなく、60km以上出して走行していたら・・・。と思うとゾっとします。
普段は嫌いな工事のおかげで怪我は、足の爪が割れたくらいですみました。
馴れてきた頃こそ慎重になるべきだと痛感しました。


管理人談

 足回りのトラブルは、命に直結しますから恐いですよね。私も過去に何度か大きな失敗を
したことがあります。幸いにして今のところ生きていますが、単に運が良かっただけだと思っています。
過去の教訓から、足回りのパーツの取付には、必ずトルクレンチを使うようになりました。


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved