モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 失敗の小部屋> がっちゃんさんの投稿

■ 火が飛んでるのに・・・

投稿者 がっちゃんさん (2008/05/17)

 いつも通りゴリラで出社しようと家を出ました。だんだん暑くなりはじめていたのに
今日はずいぶん肌寒い。数日前にニードルを1段下げたのでチョークを引かないと
始動しにくいほどでしたが、特に大きな問題にもならず、快調に走り始めました。

  家を出て4kmほど行った所で、信号を右折し・・・・・・

 ・・・・・・・あら、ボォォォ〜〜〜〜・・・・とストールして止まりました。

 ちょっと早いけどガス欠かな?と思い、コックをリザーブにしてエンジンを掛けようとしました。
私は、バックステップの為キックペダルを外しているので、押し掛け専用なのですが
キャブからマフラーから“パパン”“ポンポン”とバックファイヤー&ミスファイヤーで
掛かるそぶりは有りません。

 仕方なく、同僚にクルマで迎えに来てもらい、とりあえず会社までは辿り着きました。
前兆のない突然のトラブルだったので電気系を疑いました。まずはプラグ、湿り気味だけど
良い焼け色です。左のカバーを開けて抜いたプラグをコードに刺してフライホイルを回してみると、
ほぼFのちょっと後、Tまで行かない辺りでちゃんと火が飛んでいます。イグニッションコイルも
手持ちの健康なスペアに交換し、キャブも外して一通りのチェックをしましたが、教科書に
出てくるほど綺麗な状態でした。

 燃料が来て、ちゃんと火が飛んでるのに、かかるそぶりは無く
ミスファイヤー&バックファイヤーの嵐!

 ちょいと難しい応用問題ですぅ〜・・・・・

 さて、答は何でしょう???・・・・・・・

 原因は、フライホイルの合わせのキーが、ぶっ飛んでフライホイルがずれていました。
前にばらした時に締めが甘かったんだと思いますが、それも3ヶ月ほど前の事でしたので、
まさか今頃緩んでるとは思いませんでした。フライホイル抜き工具を持っていないので
次に外す時の事を思って無意識に締めが甘くなっていたのかもしれません(笑)

 フライホイルがずれた状態でのFの位置で火が飛んでもまともに回るはずが無いですよね。
でも、F付近で火が飛んでるのだからとその事を疑わなかったので原因究明が遅れました。(反省)

 位置決めの半月キーは粉々になっていましたので、本来、部品取り寄せになるのですが
小さなキー1個じゃバイク屋サンも良い顔しないし、時間も掛かるので、工具屋サンで
4mmのキー材を買ってきて(20cmほどで130円でした)サンダーでチマチマ削って
最後はオイルストーンで研ぎ出して半月キーを自作してしまいました。

 今度は手加減せずにインパクトでギッチリフライホイルを締めて組み立てると、一発始動で
元の調子に戻りました。

 因みに今のゴリラの仕様は、70のシリンダーから上、ヘッド面研、ハイカム、PC18
中華マフラー自作サイレンサー等です。

◇今回の教訓 

 フライホイルはキッチリ締めましょう!
次に外す時の不安を取り除く為にフライホイル抜き工具を買いましょう!


管理人談

 フライホイールの合わせ位置がずれるというのは、まさに盲点ですね。もし私が同じ状態になったと
しても、なかなか気付かなかったと思います。一通り点検をして、最後にジェネレター周りを疑って
ようやく発見というところでしょうか。参考になる投稿ありがとうございました。


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved