モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 失敗の小部屋> ぐあぁ〜、やっぱり逆だった。

■ぐあぁ〜、やっぱり逆だった。

 

 エンジンを完全にバラして組んでいたときの話です。

 バラバラになったエンジンも、一通り組み終わり後は、フレームに積むだけになりました。

  「ふぅ〜終わった、終わった。ちょっと休憩してご飯でも食べるかぁ」

 と飯を食べながら、残りの作業について考えていました。

 (後はフレームに積むだけだから、夜に試走できるなぁ〜、ってあれ?)

 そのとき私は重大なことに気付きました。

 (ピストンの上下を確認した記憶がないぞ・・・)

 そう、ピストンを付けるとき私は、何も考えずに作業していたのでした。ピストンには普通上下の
向きがあり、逆に組んでしまうとバルブに当たったりして大変なことになります。

 さすがに、確認せずにエンジンを掛ける勇気は無く、仕方なく私は二分の一の確率に掛けて
ヘッドを外してみました。すると・・・。

 「ぐあぁ〜やっぱり逆だった」

 運が無く、もろ逆に付けていました。こうなるとピストンを外さないといけません。
そうなると、またしても大嫌いなピストンクリップを付けなければいけません。

 私はピストンクリップの取り付けを大の苦手としており、組立の際にはいつも苦労しています。

 幸い直前の作業でコツをつかんだらしく、この時はすんなり付いてくれました。
いつもこうだといいのですが、このクリップを挿入する感覚はすぐ忘れてしまいます。

 どうも、エンジン開けることに慣れすぎてボーと作業していたようです。慣れというのは怖いですね。
幸い気づいたから良かったものの、最悪エンジンを壊していたところでした。皆様も、お気を付け下さい。


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved