モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 失敗の小部屋> あれ?エンジンの回転数が下がらない。

■あれ?エンジンの回転数が下がらない。

 

 キャブをPE24に交換して2ヶ月ぐらいたったころの話です。
いつものように乗っていると突然エンジンの回転が、6000回転ぐらいから下がらなくなりました。

 「お?キャブにゴミでも詰まったか?」

 「まあいいや何とか走れるし、後で掃除するかな」

 そのときは、そう軽く考えていたのですが、ここからが長い悪夢のはじまりでした・・・。

 家に帰った私は、早速キャブの掃除を始めました。
しかし、特にゴミらしいゴミを見つけられません。

 「あれ?なんで詰まったんだろ?」

 私の頭の中には、「キャブが詰まった」としかありませんでした。
そこで念のため、全部の穴を一通り掃除してからキャブを組み付けることに。

 「これで大丈夫だろう」と、早速キックしたのですが、私の期待とは裏腹に全く直ってません。
その後、何度もバラして組み立てるのですが、一向に良くなりませんでした。それどころか

 「なんか、前より悪くなってるような・・・」

 もう完全にお手上げでした。その日は、結局原因が判からず、泥沼の一日を過ごすことに。
次の日、疲れ果てた私は、 前に使っていたキャブと交換してみることにしました。

 キャブを全部外そうとして、そこで初めて異変に気が付きました。
キャブの頭のキャップに付いている、アクセルワイヤーの固定金具を覆っている
ゴムに隙間があることに・・・。

 「あり?こんなに隙間があったかな?」

 ゴムを取ってみてビックリ!なんと金具が完全に取れてしまっていたのです。
というより、外れるようになっていることを知りませんでした。
前のキャブは、
完全に固定されていて取れなくなっていたので、
今度の物も外れないと思い
こんでいました。

 つまりキャブのキャップの部分から空気が入り、丁度チョークを引いたような
感じになっていたのです。何回もバラしている間に完全に外れてしまったようです。
最初にこのことに気付いていれば、もっと簡単だったのに、私の思いこみが
招いた失敗でした。


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved