モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 改造のススメ> 武川5速ミッションの組み付け

■武川5速ミッションの組み付け

 

作業時間

必要部品代
60分〜
(クランクケースの分解作業のみ)
武川スーパーストリート 定価 57,750円(税込)
ガスケットなど各種消耗品 2,000円〜
(別途各種工具が必要)

効 果

必要工具

 5速ミッションにすることで、シフトチェンジの際の回転数の落ち込みを抑え、トルクバンド(パワーバンド)を外さない、効率の良い加速をすることができるようになります。

 ・ソケットレンチセット
 ・ドライバーセット
 ・六角レンチセット
 ・スクレーパー
 ・サークリッププライヤー
 ・リューター
 ・トルクレンチ

 武川5速ミッションの組み付け方法です。作業工程はかなり多く、クランクケースや部品の加工が
必要だったりと、かなり難易度が高い作業になります。社外ミッションは安くないので、自信を持って作業
するためにも、一度ノーマルエンジンを分解して、元に戻す練習をすることをお勧めします。

 今回解説する分解方法は、最低限の内容です。上を望めば、まだまだ注意する点が出てきます。できるだけ細かい部分まで書いたつもりですが、どうしても解説しきれない部分もありますので、サービスマニュアルは必ず用意してください。

 私自身まだまだ勉強中の身で、至らない点もあるとは思いますが、これから挑戦される方の少しでも参考になれば幸いです。

 ちなみに今回は、12VのCDI点火のエンジンを分解していますが、私のエンジンは6Vのクランクケースをベースに、12Vの電装を加工して組み込んでいます。

 その為、12Vのケースとは若干形状が違う ところがあるので、あらかじめご了承下さい。

 今回は5速ミッションの組み付け作業だけを書いています。エンジンの分解手順については
腰上(ヘッド周り)の分解方法」「クラッチ周りの分解方法」「クランクケースの分解方法
を参照して下さい。

 今回はクランクケースまで完全に分解した状態から解説を始めます。まずは、この状態まで分解してください。

 今回交換する武川の5速ミッション(スーパーストリート)です。このような感じで、仮組みした状態で梱包されています。万一のことがありますので、組み間違いがないか、予めパーツリストで確認しておきます。

 5速ミッションを組み付けるために、クランクケースを加工する必要があります。付属の取り扱いマニュアルに、加工方法について記載されているので、指示に従って加工を行います。

 切りくずがベアリングなど可動部に落ちないように、しっかりとマスキングを行います。削る量がかなり多いので、リューターを用意しましょう。(安物はトルクがないのでダメです)

 武川の取り扱いマニュアルでは、赤い○印の部分を削るように指示されます。クランクケースは、年式によって形状が違うので、ギヤがケースに接触しない場合は、加工の必要はありません。ちなみに、私の6Vケースでは、加工不要でした。

 加工が終わったケースは、切りくずが残らないように、洗い油でしっかり洗浄します。

 次にギヤシフトアームの加工を行います。取り扱いマニュアルに角の部分を少しだけ削るように指示されています。

 これが加工前の状態です。赤い○印の部分を削ります。角を少し削るだけなので、紙ヤスリで簡単に削れます。240番ぐらいで荒削りをして、400番→800番とCRCを付けながら削るとキレイに仕上がります。

 これが加工後の状態です。このように角の部分を丸く仕上げます。この加工をしないと、シフトチェンジの時にアームがクランクケースに引っ掛かることがあるようです。

 キックギヤを5速ミッションの物に交換します。左側がノーマルのキックギヤ、右側が武川の物です。1速のギヤ比が変わるので、かなり大きなものになります。

 それと、武川の5速ミッションは、Bタイプのキックスタータースピンドル用に設計されています。6Vのミッション場合、スピンドルをBタイプの物へ交換する必要があります。

 ミッションを仮組みします。この状態で正しく変速できているかどうか確認します。 ミッションの正しい動きかどうか分からない場合は、ノーマルのミッションの動きをよく観察して下さい。

 それと、この時点でオイルを塗布しておきます。あと、ミッションを輪ゴムでまとめておくと、組み付け作業がやりやすくなります。

 ミッションを組み付ける前に、クランクケースの合わせ面を整えます。

 スクレーパーでガスケットをキレイに剥がした後、オイルストーンを使って磨きます。作業が終わったら、合わせ面を脱脂します。あまり磨きすぎると、合わせ面がずれるので、慎重に作業しましょう。

 それと、私はそこまでしませんが、正確なトルク管理にこだわる場合は、ネジ穴をタップで整えて洗い油で洗浄し、さらに、ねじ穴に付着したオイルを脱脂します。

 ミッションを組み付けていきます。パーツリストをよく確認しながら作業しましょう。特にワッシャーの位置に注意。組み間違えると故障の原因となります。

 シフトドラムは裏側からワッシャーを入れてネジで固定しますが、ここでは仮止めにしておきます。ミッションの軸受けやベアリング、ギヤの噛み合わせ部分に十分オイルを塗布します。

※シャフトを差し込む時には、カウンターシャフトのオイルシールがめくれ上がらないように注意して下さい。

 クランクシャフトを組み付けます。先ほど同じように十分オイルを塗布します。

 クランクシャフトを組み付ける時は、ケースを暖めて熱膨張を利用して入れるのが理想ですが、今回は常温で組み付けています。こだわる方は、温度管理にも注意して下さい。

 キックスターターシャフトを組み付けます。ここも同じように十分オイルを塗布します。

 上の2枚の写真では、ギヤシフトドラムストッパープレートを組み付けたままになっていますが、その状態ではクランクケースが締まらないので外しておきます。

 小さい赤い○の付いた部分に、クランクケースの合わせ用のノックピンを取り付け、ガスケットをセットします。

 右側の大きな赤い○の部分は、シリンダーを組み付けるときに邪魔になるので、ケースを合わせた後で切り取ります。

※気になる方は、ここで切り離す方法もありますが、ケースを合わせる時にガスケットがずれる可能性があるのでお勧めしません。それとクランクケースガスケットにオイルが付着すると、締め付けトルクの管理が難しくなります。できるだけ付着しないようにしましょう。

 クランクケースを合わせます。できるだけ水平にケースを合わせるように注意してくさい。一発でキレイに入らない時は、無理に力を入れず、落ち着いてやり直しましょう。

 それと、写真ではシフトドラムピンが4本付いたままになっていますが、この後ケースをひっくり返すので、無くさないように先に抜いておきましょう。

 クランクケースの左側を下にして、反対側からネジ止めしていきます。(場所によってネジの長さが違うので注意)

 ここが一番重要な部分なので、必ずトルクレンチを使用してください。

 ネジを締めるときは写真のように、中心を基準として対角線上に締めていきます。一気に規定トルクで締めるのではなく、仮締め(6N)→本締め(10N)のように、何回かに分けて締めていきます。私は3回に分けて締めるようにしています。

規定トルク 10N(1.0kgf/m)

※私のクランクケースは6Vなので、12Vに比べてネジの本数が1本多くなっています。

 先ほど仮止めになっていた、シフトドラム部分のボルトを規定トルクで締め付け、ラバーキャップを取り付けます。

規定トルク 10N(1.0kgf/m)

※シフトドラムに取り付けるワッシャーの裏表に注意してください。ワッシャーのエッジ部を外側に向けるのが正しい組み方です。逆に組むと、シフトの動きが渋くなるようです。

 今度はクランクケースの右側を下に向けて、ギヤシフトアームを取り付けます。このとき、オイルシールに傷を入れないように注意してください。

 シフトドラムに4本のシフトドラムピンと取り付けてから、ドラムサイドプレートをのせ、ドラムストッパープレート裏側の穴位置をセッティングピンに合わせて取り付けます。

 そのあと、フラッドヘッドスクリューにネジロック剤を塗布してから、規定トルクで締め付けます。

規定トルク 10N(1.0kgf/m)

 付属のストッパーアームの穴にリターンスプリングを引っ掛け、クランクケースに取り付け用のボルトを規定トルクで締め付けます。

規定トルク 10N(1.0kgf/m)

 可動部分にオイルを塗布したあと、メインシャフトを手で回転させながら、フラットスクリューにドライバーを掛け、シフトドラムを回して各ギアの入り具合を確認します。途中で引っ掛かるような感じがある場合は、もう一度分解して確認して下さい。

 最後にキックスタータースピンドルにキックスプリングと、スプリングリテーナーを取り付けます。取り付けにはコツが必要ですので、サービスマニュアルをよく読んで作業してください。

 お疲れ様でした。これでクランクケースの組み立ては完了です。

作業上の注意

 ミッションの組み付けは、精度を要求される作業です。一つ失敗すれば最初から全部やり直すことなるので、時間を掛け慎重に作業しましょう。それと、トルクレンチは必ず用意するようにして下さい。経験があれば、無くてもある程度なんとかなりますが、初めは無理です。私も昔、トルクレンチ無しで何度も組みましたが、オイル漏れなどの失敗も多く、今から思えば、もっと早く用意すればよかったと思っています。

 今回はオイルシールの交換については何も書いていませんが、オイルシールは消耗品なので合わせて交換することをお勧めします。それと、ミッションのカウンターシャフトのオイルシールを交換する場合、先にカウンターシャフトを取り付けて、後からオイルシールを押し込んだ方が簡単です。


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved

KITACO:キタコ/プーリーホルダー
KITACO:キタコ/プーリーホルダー

クラッチやフライホイールの
取り外しに必要な工具です。

KITACO:キタコ/フライホイルプーラー(十字型)
KITACO:キタコ/フライホイルプーラー(十字型)

フライホイールの取り外しに
必要な工具です。

KTC  /9.5sq.デジラチェ小トルクタイプ PAT.P. D.PAT C3A
KTC /9.5sq.デジラチェ小トルクタイプ PAT.P. D.PAT C3A

クランケースの組立など、正確なトルク
管理を求められる箇所の締め付けに
必要な工具です。測定範囲が2〜30Nと
狭いので小型エンジン専用になります。

KITACO:キタコ/トルクレンチ 350mm DR6-30NM
KITACO:キタコ/トルクレンチ 350mm DR6-30NM

KTCの方が物がいいのは確かですが
安物でもあれば全然違います。とりあえず
トルクレンチが欲しい方にお勧めです。

デイトナ/Cリングプライヤー(4ピースセット)
デイトナ/Cリングプライヤー(4ピースセット)

サークリップの取り外しに
必要な工具です。


関連記事一覧

マフラーの交換

パワーフィルタ装着(ノーマルキャブ)

フロントスプロケットの交換

リアスプロケットの交換

ウインカー警告灯の装着

エンジンの降ろし方

腰上(ヘッド周り)の分解方法

クラッチ周りの分解方法

強化オイルポンプへの交換

武川5速ミッションの組み付け

クラッチの組立方法(一次側クラッチ)

腰上(ヘッド周り)の組立方法

武川スペシャルクラッチの組み付け