モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 改造のススメ> キャブレターのセッティング手順(VM26)

■キャブレターのセッティング手順(VM26)

 

作業時間

必要部品代
不明(掛かる場合は何日も必要)
24,000円〜(キャブ代)

効 果

必要工具

 エンジン特性の変化、トルクアップや最高出力の向上など。キャブレターの選択、セッティングによって様々なフィーリングを出すことができます。

 ・ソケットレンチセット
 ・ドライバーセット(プラス、マイナス両方)
 ・六角レンチセット(キャブによって必要)
 ・ラジオペンチ(出来ればあった方が便利)

 ここでは、武川のVM26を使ったセッティングの手順について解説します。キャブレターの基礎に
ついてはキャブレターセッティングの基本を参照して下さい。

 一般的にVM26はモンキー用に発売されているキャブレターの中では、セッティングの出しやすいキャブと言われています。このキャブキットは、武川とキタコから発売されていますが、メーカーによって内部パーツのセッティングが異なります。その為、武川とキタコではかなりメインジェットの番号が変わってきますので注意して下さい。

 今回、取り付けについて解説していませんが、VM26はかなり大型のキャブなので取り回しに苦労します。私の場合、エアフィルターを納める為にフレームの未使用部分を一部切断しています。

 これは組み込んだパーツによって違ってくるとは思いますが、左出しと右出しの両方のキットが
販売されていますので、事前によく確認してから購入して下さい。
 それとVM26はマフラーの排圧特性の影響を強く受けるキャブです。排気量が上がっても
ほとんどメインジェットの番号が変更にならない不思議なキャブなので、正しいセッティングを
出すには、まず良いマフラーを選ぶことが大切になってきます。

 あと、キャブのセッティングにはタコメーターが必要です。経験豊富な方は、無くてもある程度
セッティングできますが、初めての方には無理ですので必ず装着して下さい。

■補足(ガスの薄いor濃い場合の症状について)

 下の解説で、ガスが「薄い」or「濃い」場合のエンジンの回り方を「息継ぎを起こす」とか、
「かぶる」「音が重い」などと表現していますが、これについて少し補足します。

ガスが薄い場合の症状

 エンジン音は軽い感じになります。回転数の上昇に対してトルクが付いてきません。回転上昇中に息継ぎを起こしたり、失速することがあります。
 息継ぎの感じを表現することは難しいですが、私の感覚では「カス、カス」と聞こえます。

ガスが濃い場合の症状

 エンジン音は重い感じになります。回転の上昇が鈍く、アクセル開度に対して後から「じわ〜」とエンジンの回転が付いてくるような感じになります。
 ガスが濃すぎると「かぶる」と言われる症状が発生して、プラグが失火します。音は「ゴボゴボ」といった感じで、その状態で無理に走ろうとするとエンジンが掛からなくなったりします。

■セッティングの手順

 まずアクセルグリップにスロットル開度を判断する為の白い目印を入れます。目印はアクセル全閉と全開、それと中間の位置にそれぞれ印を入れます。

 印が付いたら、キャブセッティングに入るのですが、その前に正しくキャブの取り付けが出来ているかどうか、最終確認をして下さい。エアフィルターやマニホールドから二次エアーを吸ってるような状態では、まともなセッティングは出せません。

 あと、意外と見落としがちなのが、スロットルバルブの開き量です。アクセル全閉の位置でスロットルバルブが下まで降りているか、アクセル全開で上がりきっているかどうかを確認します。

 もし、バルブが上がりきっていない場合、スロットルのワイヤー巻き取り量が不足していますので、ハイスロットルへの交換が必要になります。逆にスロットルバルブが下がりきらない場合、アクセルワイヤーのインナー長が不足していますので、ケーブルの交換が必要になります。

 取り付けを確認したら、いよいよセッティングに入ります。キャブのセッティングをメーカー出荷時の状態に合わせた後、エンジンを始動して暖気を行います。

 アイドリングが安定しない場合は、アイドリングスクリューやエアースクリューを調整して、とりあえずアイドリングする状態にします。

注意 暖気は十分に行って下さい。キャブのセッティングは、エンジン温度に大きく影響を受けます。

 エンジンの暖気が十分終わったら、低回転域のセッティングに入ります。

 まずアイドリングスクリューを回して、 1500回転ぐらいでアイドリングするように調整します。

注意 アイドリングの回転数は1500回転以下に落とさないで下さい。単気筒エンジンの場合、落としすぎるとアイドリングが不安定になります。インナーローターなどフライホイールを軽量加工している方は、もう少し回転数を上げて下さい。(2000回転ぐらい)

 その状態でゆっくりとエアースクリューを回していき、一番回転数が上がるポイントを探します。

 回転数が上がったら、アイドリングスクリューで1500回転まで落とし、再度エアスクリューの調整を行います。調整した時点で、エアスクリューの戻しが2回転を超える場合は、スロージェットの番号を下げます。

 逆に戻しが1/2回転以内になるようであれば、スロージェットの番号を上げます。

 このように1500回転で安定したら、軽くアクセルをあおって、低回転域のエンジンのツキを調べます。息継ぎを起こすようであれば、少しエアスクリューを絞ります。

 大体、一番回転数が高くなるポイントから、1/4回転ぐらい締めた位置が調子が良い場合が多いです。

 次に、スロットルの(低〜中)開度までのセッティングを行います。

 タコメーターを見ながら、アクセルを中間の位置まで、ゆっくりと開けていきます。このとき、回転の上昇に息継ぎがある場合は、ニードルのクリップ位置を一段下げます。逆に回転の上昇が鈍く、排気音が重たい音がする場合はニードルのクリップ位置を一段上げます。

 ニードルを動かした場合、低回転のセッティングも変わりますので、もう一度エアースクリューの調整を行って下さい。

 スロットルの中開度までのセッティングが終わったら、今度は(中〜高)開度のセッティングに入ります。

 この開度域はメインジェットが担当しているのですが、この部分のセッティングは実走でしか出せません。

注意 排気量が上がったモンキーは、かなり速度が出ます。最高速を試す場合は、必ず安全な場所で行って下さい。

 ガスが薄い状態で連続走行をしてしまうと、エンジン温度が上昇して最悪ブローを起こす可能性があります。

 その為、メインジェットのセッティングを行う場合は、必ず濃い番号から薄い方向へ下げていきます。

 メインジェットは、キャブによっては詰め合わせキットが出ていますので、メーカーの標準番号を中心に、上下何種類か用意して下さい。(VM26の場合はバラ売りになります)私の場合、このようなケースに入れて保管しています。

 高回転のガスが濃い薄いの判断は迷うことが多いのですが、基本的に一番最高速がのびる番号を探していきます。

 エンジン音や回転数の上昇の仕方を参考にして、じっくり詰めていきましょう。

 VM26の場合、キャブの底からメインジェットを交換することができます。まずガソリンコックを閉めてから、キャブ底のネジを軽く緩めてガソリンを抜きます。

 ガソリンが抜けたら、底のネジを取り外します。キャブを横に向けると、メインジェットが見えます。

 この部分を交換することで、高回転域のガス量を調整することができます。

 メインジェットを交換することで、低回転のセッティングが狂うことがあります。この場合、また最初から調整を行います。

 ほぼセッティングが決まったら、その状態でしばらく乗ってみます。平地だけなく、山道など色々な場所を走行してエンジンの状態をチェックします。

 20〜30キロぐらい走行した後で、セッティングの最終判断としてプラグの焼け色を見ます。

 プラグの焼け色の判断については、プラグの交換を参照して下さい。この写真の状態だと、やや濃いという判断になります。

作業上の注意

注意1 セッティングは、一カ所ずつ変更することが基本です。複数の箇所を同時に変更してしまうと、正確な判断が出来なくなります。さらに、その日の気温や湿度に大きく影響を受けるので、セッティングを比較する場合は必ず同じ日に行います。(風向きによっても最高速は変わってきます)

注意2 キャブのセッティングを決める場合、マフラーの特性も大きく影響してきます。色々なHPにセッティングデーターが載っていますが、全く同じ条件の方はなかなかいないと思います。気にしすぎると失敗しますので自分を信じましょう。

注意3 人間の記憶は曖昧なものです。セッティング中、少しでも気になったことがあれば、こまめにセッティングノートを付けてみるといいと思います。書いてみることで、今まで気付かなかったことに気付くこともあります。

注意4 プラグの焼け色の判断は、セッティングの最終段階で行って下さい。初期の段階で見てしまうと判断を誤る原因となります。あと、新しいプラグは白く焼けますので、焼け色を見る場合はある程度使い込んだ物を用意して下さい。


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved


DAYTONA デイトナ /PC20キャブレター本体
DAYTONA デイトナ /PC20キャブレター本体

 昔から使われてきた、実績のあるキャブです。88cc以下の小排気量との相性がよく、入門向けとして最適です。4miniでは様々な車種用がラインナップされています。使用されているシリンダーヘッドやマフラーの取り回しによって、取付マニホールドの選択が変わりますので、ご注意ください。


関連記事一覧

キャブレターのセッティング(基本編)

キャブのセッティング手順(VM26)

VM26の中低速セッティングのコツ

プラグの交換