モンキーファイルズのTOP画面へ
 バイク(モンキー)の改造や整備を楽しもう

 

 

TOP> 改造のススメ> キャブレターのセッティング(基本編) 1/2

■キャブレターのセッティング(基本編) 1/2

 

作業時間

必要部品代
取付60分〜、セッティング〜∞
19,000円〜
(キットによって異なる)

効 果

必要工具

 エンジン特性の変化、トルクアップや最高出力の向上など。キャブレターの選択、セッティングによって様々なフィーリングを出すことができます。

 ・ソケットレンチセット
 ・ドライバーセット(プラス、マイナス両方)
 ・六角レンチセット(キャブによって必要)
 ・ラジオペンチ(出来ればあった方が便利)

 キャブレターの役割は混合ガスの生成にあります。この混合ガスの「混合比」をどのスロットル開度でも
最適な状態にするのがセッティングであり、もっとも頭を悩ますところでもあります。

 セッティングはエンジンのチューニングの度合標高差や、気温湿度スロットルの開け方など
様々な要因で変化します。エンジン自体の個体差もあるので、全く同じ仕様のエンジンだからといって
同じセッティングになるとはかぎりません。
それだけにベストセッティングを探すには、経験が重要に
なります。

 モンキーのキャブは取り外しも簡単で、気軽に様々なセッティングを試すことができます。キャブの
セッティングは厄介な作業ですが、それだけに見返りも大きいと思います。
いきなりベストセッティングを
目指すのではなく、各セッティングパーツの役割をよく理解し、自分だけのベストセッティングを
じっくり探しましょう。

※モンキーのキャブレターは、各社様々なメーカーから販売されていますが、むやみに大口径を選択する
のではなく、必ずエンジンの仕様を考えて選んで下さい。最初の選択を誤ると、後々苦労することになる
ので、メーカーの推奨があればそれに従いましょう。

■キャブレターの各部名称

 ノーマルとの比較です。左がノーマル(口径13mm)、右がPE20(口径22mm)です。

 同じモンキーに使えるキャブですが、口径の違いでこれだけサイズが違ってきます。ノーマルキャブでは、交換できる部品も少ないので、今回はこのPE20で解説していきます。

 右側の大きな○がアイドリングスクリューです。アイドリングの回転数を調整します。右回し(時計回り)に締め込むことで、アイドリングの回転数が上がります。

 左側の少し小さな○がエアスクリューになります。アイドリング時の空気量を調整します。

 底のカバーを外したところです。黒いプラスチックがフロートです。ここが浮いて、ゴムバルブを動かすことでガソリンの流入量を調整します。

 ガソリンがオーバーフローする場合、この部分の不良が原因と考えられます。

 中心の白いプラスチックを取ると、メインジェットとスロージェットが現れます。

 左側の○がメインジェットです。高速域でのガス量を調整します。右側の○がスロージェットになります。主に低速域のガス量を調整します。

 それぞれを取り外した状態です。左上がニードルジェットです。低速〜中速域までのガス量を調整します。

 左下がメインジェットで、右側がスロージェットになります。それぞれ表面には番号が刻まれており、この部分を交換することで、ガス量を調整します。番号が大きくなるほど、濃い方向へセッティングは変化します。

 キャブのヘッドキャップを取り外した状態です。左側がスロットルバルブです。この部分をアクセルワイヤーで引っ張ることで、エンジンの回転数を調整します。

 スロットルバルブを分解した状態です。左側がジェットニードルです。上部のEリングの段数を調整することで、主に中速域のガス量を調整します。(かなり低速域から幅広く影響します)

 右側がスロットルバルブです。下の部分のカットウェイの角度を変えることで低速域のガス量の調整をすることができます。

 

■各調整パーツのスロットル開度作用域

  

○パイロットジェット(スロージェット)

 スロットル開度が全閉(アイドリング時)に作用します。

 スロットルが全閉に近いところでは、ベンチュリー内の空気流速が遅く、メイン系の燃料噴出がありませんのでスロットルバルブによって比較的空気流路が細くなり、流速の速い場所にスロージェットが設けられています。

 またパイロットエアースクリューが付いているタイプはコレを開閉することで噴出量を調節できます。

○カットアウェイ(スロットルバルブ)

 スロットル開度が1/6〜1/2に作用します。番数を上げることで吸入負圧が増大し、混合ガスが濃くなります。

 カットアウェイとはスロットルバルブの、空気吸入方向に開いた切り欠きのことを言います。

 番数を下げる(角度を0に近づける)事によって、ベンチュリーの吸入負圧が増大しより多くの燃料を吸入するので混合ガスが濃くなります。

○ジェットニードル/ニードルジェット

 スロットル開度が1/6〜1/3に作用します。

 低開度から1/3程度まではベンチュリー内の空気流量が少なく、適度な 混合比にするためには燃料の量を少なくしないといけません。この開度では、ニードルジェット(筒)の中にジェットニードル(針)を出し入れするこで燃料流量を調整しています。
  また、ジェットニードル(針)の上部に付いている、Eリングの位置を調節 する事により、燃料流量を調節出来ます。

○メインジェット

 スロットル開度が1/2〜全開に作用します。番数を上げることによって口径が大きくなり、混合ガスが濃くなります。

 全開度域では、ベンチュリー内の流速も速く、流量も多くなります。調整はメインジェットで行います。

(スロットル開度が1/2〜全開までとなっていますが、実際にはかなり広範囲に影響を与えます。メインジェットの番数を変更することで、低速域も調整が必要になることがあります)

 上記がキャブレターの基本構造になります。この内容は、これからキャブセッティングを進める上で
基本となりますので、各セッティングパーツの名称と、その影響範囲について、まず頭に入れてください。

 それと、キャブレターは大きく分けて、スロットルバルブの作動方式の違いでVM型「強制開閉式」
CV型「負圧式」の二種類に分類されます。今回解説しているのは、VM型のキャブになりますが
それぞれにメリット、デメリットがあり、どちらが優れているとは一概に言えません。ここではモンキーで
よく使われているVM型のキャブを前提に解説しますが、興味のある方はキャブレターの種類について
調べてみてください。

 それでは、実際のセッティング手順について、次のページで解説します。

次のページへ>              1 / 2


Copyright By ZZQ. All Rights Reserved


 

関連記事一覧

キャブレターのセッティング(基本編)

キャブのセッティング手順(VM26)

VM26の中低速セッティングのコツ

プラグの交換